• よくある質問
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 045-232-4114 受付時間10:30~20:00(月~土)

キャリアデザインとは

キャリアとは、職歴や経歴のことだけではなく、その人の「生き方や働き方」を指します。

3.「キャリア=職歴」のことではない

キャリアとは、仕事の経歴だけを指す言葉ではありません。

キャリアは、中世ラテン語の「車道」が起源の言葉で、競馬場や競技場のトラックの行路や足跡「轍」に意味が転じて、人の経歴なども意味するようになりました。

あなたの人生をふり返ってみてください。それまでに自分の馬車が辿ってきた轍があり、先の方向を見れば、きっと道が続いているはずです。「過去に自分の人生や仕事とどう向き合って何をしてきたのか、そしてこの先どこへ向かっていきたいのか…」キャリアとは、その人の「生き方や働き方」そのもの。キャリアは自分にしか描くことができません。

"キャリアデザインは、「内的キャリアを自覚したうえで行う、外的キャリアとのマッチング(最適化)作業」です。

キャリアには「内的キャリア」と「外的キャリア」2つの側面があり、キャリアデザインと深くかかわっています。

内的キャリアは「働く意義や価値観」などのように目に見えにくく、自覚するのが難しいものです。反対に外的キャリアは「職歴」「会社名」「職種や業界」などのように目に見えるため、誰にでもわかりやすく他人が認知することもできます。

植物に例えるならば、外的キャリアは木の幹や枝葉で、内的キャリアは木の根です。地中の根は、表面からは見えませんが重要な役割を担っています。

木の根が樹木の強さや生育状況に影響を与えるのと同じように、内的キャリアには、外的キャリアの「選択・決断」する基準の役割があります。例えば「やりたいこと(仕事)が見つからない」といった悩みを持つ人は、内的キャリアが自覚できていないため、外的キャリアの選択肢が増えれば増えるほど「決められない」といった感じです。あなたもシゴトの学び舎で、自分の「内的キャリア」と「外的キャリア」を見つめ直してみませんか?

体験したい、詳しく聞いてみたい、などお気軽にお申し込みください!

コースのご説明・体験レッスンのお申込み

PAGE TOP