• よくある質問
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 045-232-4114 受付時間10:30~20:00(月~土)

News&Blog

企業の「採用選考時期の繰り下げ」を考える

2013.10.11 キャリアデザインスクール シゴトの学び舎

こんにちは。キャリアデザインスクール『シゴトの学び舎』学長の長野です。
2016年卒業予定の方や就職を希望されている方はもうご存知かもしれませんが、9月13日(金)、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)から「採用選考に関する指針」が発表されました。
これにより、2016年度以降に入社を志望する学生の就職活動が現行と変わることが確定することになったのですが、"採用選考スケジュールの繰り下げ=就活の短期化"という世間の論調について、わたし自身はどうにも理解しがたいことだと感じています。
本日は、このニュースについて、シゴトの学び舎の考え方を交えお伝えしようと思います。

9月13日(金)に発表された 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)の「採用選考に関する指針」に対し、「就活の短期化が学生を苦しめるのでは?」「理系の学生には不利なのでは?」「10月の内定式直前に内定辞退する学生が増えるのでは?」などの論議が起こっているようですが、みなさんの周囲ではいかがですか。みなさんはこの件について、どのようなお考えをお持ちでしょうか。

*****企業と学生自身の就活スケジュールは違う!!
企業の採用選考スケジュールと学生自身が行う就職準備や就職活動のスケジュールは、そもそも異なります。
☆☆☆かねてよりお伝えしているように、これがいわゆる"就活"に対するシゴトの学び舎の基本的な考えです。

*****経団連の新ルールで生じる問題とは?
シゴトの学び舎が考える「経団連の新ルールによって生じる大きな問題」は、スケジュールにばらつきが生じることです。
経団連が打ち出した新ルールに罰則規定はありませんので、今まで通りのスケジュールで採用選考を行う会社もあれば、新ルールに沿って採用選考を行う会社もあるでしょう。もちろん、全く別のスケジュールで採用選考を行う会社もあるでしょう。
このような状況を考えると、遅くとも、大学3年生になる頃には情報収集を始めて、自分が志望する業界や志望企業の採用選考スケジュールなどを把握しておく必要があります。
☆☆☆つまり、3年生になる前に自分の進路の方向性くらいは決めておかなければならないということです。

*****相手を知るより、自分を知ろう!
"なぜ働くのか?"
"自分はこの先、どんなキャリアを築きたいのか?"
"社会の一員としてどんなことがしたいのか?"
"それらを実現するために必要な資質や能力は何か?"
これらは「心から望む生き方や働き方を明らかにする質問」です。あなたはいくつ答えられましたか?

自分が心から望む生き方や働き方がハッキリすると、志望業界や志望企業も明確になります。自分が意思をもって決断したことなら、きっと納得いく結果が待っているでしょう。

ちなみにここ数年、残念なことに学生さんの多くは大学3年生の後期に入ってから就職準備をスタートするため、準備が不十分なままエントリーの時期を迎え、イメージ先行で志望企業を決め、採用選考の本番に挑んでいる現実があります。

みなさんは、就職の本質を理解した上で"ちゃんと就職"を目指しましょう。

==================================
ちゃんと就職とは?
なんとなくではなく、自分が心から望むキャリア(生き方・働き方)像を明確に持ち、
それを実現するために「自らの意思で選択・決断した就職」が"ちゃんと就職"です。
キャリアデザインスクール『シゴトの学び舎』は、受講生ひとりひとりの
"ちゃんと就職"を多角的にサポートします。
==================================

=====================================
ただ今、新規受講生を大募集中!!無料体験レッスン随時申込受付中!!
お問い合わせ&お申込みは、シゴトの学び舎 045-232-4114 までお気軽にどうぞ。
=====================================

PAGE TOP