• キャリアを考える(第2回)

    2021.03.31キャリアデザイン

    キャリアを考える(第2回)

    キャリアデザインを目的とするコーチングセッションでは、このような問いかけを通して、クライアントが思い描くイメージを丁寧に言語化していきます。そして、クライアントが主体的にライフとキャリアの意思決定ができるよう、そのプロセスをコーチがサポートしていきます。

キャリアデザインを目的とするコーチング

仕事を通じて何を実現したいですか?

キャリアデザインを目的とするコーチング

ところで、キャリアデザインのプロセスにコーチが介入するメリットをご存知でしょうか。

例えば、コーチと二人三脚でキャリアデザインを行うことで、今のご自分の状況に合う、適切なサイズで目標設定ができるというメリットがあります。

そのほかにも、ビジネスパーソンとしての強み・課題の抽出ができ、それに対してコーチからフィードバックを受けることができたり、NLP(神経言語プログラミング)由来の思考法やコミュニケーショントレーニングが受けらるなど、就職・転職に有利に働く考え方やスキルが手に入ります。

また、心理学的アプローチによって心と身体の状態を整え、あなたが目標達成(あるいは問題解決)できるまで、やり抜くために必要なサポートが受けられます。

【キャリアデザインコーチングのテーマ例】

○人生のゴールと職業人生におけるゴールの明確化

○キャリアパス(職業人生のゴールを踏まえて計画する経験を積むルートや順番)の設計

○自己理解を深める
 ‐自己分析・アセスメントツールを用いた診断/フィードバック  ‐ビジネスパーソンとしての強みや課題の抽出/フィードバック  ‐キャリア・インサイトを用いた職業適性診断/フィードバック

○就職・転職活動活動支援  ‐履歴書・職務経歴書の書き方  ‐模擬面接/フィードバック  ‐コミュニケーショントレーニング  ‐苦手意識の克服

コーチングを効果的に取り入れて、キャリア課題の解決やご自身にとってよりよい変化を起こしていきましょう。(次回に続きます)

Related column関連コラム

シゴトの学び舎コラムメニュー

カテゴリーで絞り込むCATEGORY

タグで絞り込むTAG

Related column関連コラム