代表メッセージ

NLPで自分らしく生きることを支えたい

シゴトの学び舎学長
長野 知鶴

2012年、キャリアデザインスクールシゴトの学び舎の学長に就任。
現在は、スクール経営のかたわら、キャリアとコミュニケーションの専門家として、企業や大学などでビジネス研修講師、キャリア・カウンセラーとしても活動。

  • • 米国NLP協会(The Society of NLP)認定トレーナーアソシエイト
  • • 国家資格キャリアコンサルタント
  • • 産業カウンセラー
  • • NLPコーチング®公認トレーナー(日本NLP能力開発協会認定)
  • • NLPコーチング®公認プロフェッショナルコーチ(米国NLP協会/日本NLP能力開発協会認定)

はじめまして。この度は、キャリアデザインスクールシゴトの学び舎にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。学長の長野知鶴です。

私がどうしてキャリアデザインスクールを開業したのかというと、もしもあの時にキャリアデザインという概念を知っていたら、あの困難をもっと楽に乗り越えられていたのかもしれない…。という人生の節目を何度か経験していて、まだ転機が訪れていない、これから人生の節目を迎える人たちにそのことを伝えられたら、きっとお役に立てるのではないかと考えたからです。

キャリアデザインとは、自分が「どうありたいのか」を考え、見出していくこと。自分が、生涯を通じて、仕事や社会とのかかわりを通して「果たしたい夢や目標、使命」は何か、どんなプロセスで何を実現したいかを自分自身で考えて、その考えをキャリアプランとして具体化していく土台となるものです。そんな自分らしく、自然体で、幸せな人生をつくっていくために不可欠なキャリアデザインを学び、取り組んでいただける機会を提供するのがシゴトの学び舎です。

キャリアデザインスクールを始めて8年、個人の働き方やキャリア観は大きな変化を遂げています。Withコロナという新しい生活では、ソーシャルディスタンスやテレワークなどの脱集団生活が標準化します。大量生産・大量消費を前提としたり、「みんな」をターゲットにするようなビジネスモデルは衰退し、よりパーソナライズされた商品、サービスが主流になるでしょう。

正真正銘「個」の時代に入り、組織の意向を汲むようなキャリアデザインは不要になり、自分がどのように生きていくのかを自由に考え、自分の意思で決めることができるようになります。組織の看板ではなく、あなた個人の持ち味で勝負できるようになるのです。今こそご自分のキャリア(生き方や働き方)を見直してみてください。

・いまお勤めの会社でのキャリアパスを描いただけになっていませんか?
・心から取り組んでみたいと思えるプランですか?
・そのプランをやり遂げたときに手に入るのは、いまのあなたが心から欲しいものですか?

シゴトの学び舎は、あなたのこれから先の人生という、正解のない問いにいっしょに取り組みます。あなたがこの先のキャリアを考えてみたいと思ったら、そのときがシゴトの学び舎がお役に立てるタイミングです。シゴトの学び舎というリソースをあなたのキャリアづくりに活かしていただけたら嬉しく思います。